私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2013年08月18日

韓国の戦時徴用訴訟に民間企業泣き寝入りか…日本政府は知らんぷり!



韓国の民間人による戦時徴用訴訟は、どうやら訴えられた新日鉄住金(旧日本製鉄)の敗訴の確定が近いようである。
ソウル高裁が7月10日に言い渡した判決には、日韓請求権協定による日韓両国間の合意は日本国内での個人請求権は消滅しても、韓国内での請求権は消滅していないというとんでもないもの。
しかも、日本の司法制度にまで口をはさむという国家の威厳たる裁判所の判決とも思えないものだ合った。

この訴訟の確定はまだのようだが、新日鉄住金側は会社としての損益を考えると支払わざるを得ないようである。
アウェーでの裁判だからこのような結果は見えていたとはいえ、国家間の合意で終結していた日韓請求権協定を覆す判決に、私たち日本人は憤りを通り越してはらわたが煮え返る思いだ。(私だけか?)

それにしても、この戦時徴用訴訟に日本政府が一向に手を打たないのが不可解である。
裁判自体は当事者間の問題にしろ、既に終結している保障問題をスピーカーで横から「賠償問題は解決済み」と言っているだけでは日本企業もたまったものではない。
それよりなにより、現企業の殆どは先の世界大戦には全く関係がないと言っていい会社組織である。

何かにつけていちゃもんをつけ、直ぐに金を貪りに来る韓国は、まるで右矢印1のようである。
韓国こそ右極化しているのだから、もっと自国を見直すべきである。
このような国と外交を結んでいるのも見直していいのかもしれない。
いや、日本企業さん、韓国・中国市場なんか見捨ててしまえばどうだ?

ご清聴ありがとうございました。
意見や批判は受け付けますが返答は一切しませんのであしからず。






posted by ひろくん at 10:08 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。