私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2013年09月25日

悲痛!京都府八幡市で暴走車による大事故が…繰り返される交通事故



またか!
そうとしか言い切れない悲惨な交通事故がまたしても発生してしまった。

記憶に残る亀岡市での暴走事故から、まだ1年半弱、なぜ関係のない人がこうも巻き込まれてしまうのだろう。
しかも、事故にあった子供たちは交通ルールを守って歩道を歩いていただけ。
なんともやるせない気持ちでいっぱいだ。

今回のこの交通事故、今朝のYAHOOニュースを見たところ、なんと交差点を左折するときにドリフト走行をしていた節があるとか。
いったい、何を考えて公道を走っているのだろうか?

いや、普通に運転する意識があるのならば、このような悲惨な事故は起こっていない。
これは明らかに、故意による交通事故だ。(事故る危険性があるのを認識して運転)

昨今、危険運転致死傷罪の適用に不満の声が上がっているが、今回も亀岡の死傷事故同様、適用されることはないのだろうか?

ところで危険運転致死傷罪というのは、その行為によって5つのパターンに分けられるそうだ。


1.酩酊運転致死傷罪
  アルコール、薬物などの影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
2.制御困難運転致死傷罪
  進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
3.未熟運転致死傷罪
  進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
4.妨害運転致死傷罪
  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は
  車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
5.信号無視運転致死傷罪
  赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し(信号無視)、かつ、重大な交通の危険を
  生じさせる速度で自動車を運転する行為



今回事故を起こした18歳の少年は、今のところ自動車運転過失傷害容疑で逮捕されているが、今後、制御困難な速度で運転していたとみて、危険運転致傷容疑の適用も視野に入れているそうだ。

彼が重罰になったところで、現在意識不明の子供がすぐに元気な姿に戻るものではないが、少年だからといって自動車運転過失傷害容疑で終わらせたのでは、被害者の家族にとって無念ではないだろうか。

なぜならば、制限速度を守り、交差点手前で一時停止をし、無理な速度と制御できない運転をしていなければ、このような事故にはならなかったはずだ!

行動はレース場ではない、きちんと交通ルールを守ってこそ安全が保たれる場所だ。
それでも、人間の不注意によって事故が起きるくらいなのだから、このような無謀運転は決して許されるものではない。

意識不明の子供の意識が戻り、一時も早く元気になるのを祈るしかないのが、なんともはがゆくてしかたない。



posted by ひろくん at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。