私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2013年09月26日

公職選挙法違反容疑で強制捜査中の医療法人徳洲会理事長に裏金株式投資も発覚!



東京地検特捜部の強制捜査を受けていた徳洲会理事長、徳田虎雄氏の身辺を洗うと新たな問題が浮上してきたようだ。
記事のとおりの裏金による株式投資なのだが、この金額が半端でない、なんと総額6億8千万円、それを親族らの名義で株式投資というのだから、金持ちというのは何処までも金に執着するようだ。

御年75歳の徳田氏はかつては、元自由連合の代表であり当選4回の衆議院議員であった。
また、沖縄開発政務次官まで務めている。
元々の強制捜査容疑は、この徳田理事長の息子である徳田毅衆院議員の陣営に、日当を支払って徳洲会傘下の病院から職員を派遣し、選挙運動の手伝いをさせたのが発端であった。

その中で浮かび上がってきた今回の裏金株式投資は、産経新聞の取材で分かったというのだが、誰が密告したのか不思議ではあるが、この問題については特捜部も事実を把握しているとのことだから、公職選挙法違反容疑よりも大きな問題になってきそうである。

ちなみに、公職選挙法違反容疑に対して徳田理事長は地検と徹底対戦をする構えだが、徳洲会グループの幹部の中には「強制捜査を厳粛に受け止め、ただちに執行部の刷新と徳田氏の退任を検討すべきだ」との声も上がっている。

徳洲会は全国に66もの病院をもつ大グループ、中には、「理事長がシロといえば、黒いものも白になるのが徳洲会の体質」とまで言っており、徳洲会自体の本質を抜本から変えるにいい機会なのかもしれない。
さらには、この裏金つくりの発覚で医療法人自体の認可見直しにまで波及するかもしれない。

徳田理事長はALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っており、手足が不自由で発声もままならないのに、引退することなくここまで執念を燃やすのには、ただただ驚くばかりである。


posted by ひろくん at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。