私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2014年07月01日

極楽トンボ・加藤浩二が山本の復帰を望む理由と北海道函館17才少女淫行事件の真相

極楽トンボの加藤浩二を初め、先日はロンドンブーツ1号2号の淳など、芸能人の間では淫行事件を起こした山本圭一の芸能界復帰を望む声が高くなっている。

元極楽とんぼ・山本、なんと都内で接客!激写!!.flv


この事件の記憶が薄らいでしまってる人もいると思うので簡単に説明すると、

2006年7月16日、当時、欽ちゃんこと萩本欽一が監督をしていた茨城ゴールデンゴールズ(野球チーム)の遠征試合で北海道の函館市にいっていた。

事はその夜に起きるのだが、当時17歳の女性(デリヘル少女)とホテルで関係をもち、17日にその少女から酒を飲まされて強姦されたと被害届をだされた。

警察はこの被害届を受理したものの、当事者間で示談金による和解が成立し不起訴処分となった。

これが、この淫行事件の流れだが、一方でこの少女は美人局であるとの噂も流れた。

しかも、某警察署の幹部の娘だともいわれている。

これに関しては事の真相は明らかにならなかったが、美人局であったことはどうやら本当のことのようで、バックには2人の男がいたようだ。

つまり、元極楽トンボの山本圭一は、その甘い罠にまんまと引っかかってしまったということだ。

とはいえ、どんな悪い女だったにしろ、淫行は淫行、これは法に反しているので身から出た錆としかいいようがない。

問題は、この真相を知っている加藤をはじめとする芸能人が、山本の復帰を望んでいることだ。

どうやら、彼らは山本のほうが被害者だと思っているらしい。

しかし、山本には、この事件より前から女に関する様々な問題を抱えており、このような事が起こったのは偶然でも過失でもなく、当たり前のことではなかったのだろうか。

この山本圭一という男は、どうやらロリコン性癖もあったようだし、未成年と知りながらホテルに入ったのは間違いないだろう。

とすれば、この淫行事件はお金を取った美人局の勝ちというだけで、性犯罪者には違いない。

確かに同情する面があるのかもしれないが、犯罪者を擁護し芸能界復帰を果たしている人が後を絶たないこの世界は一般社会からかけ離れていると思うのは私だけだろうか?

復帰すれば、日本中の国民が見るテレビに出るという事を忘れてはならない。


posted by ひろくん at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。