私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2015年09月21日

大沼議員セクハラ事件!蓮舫VS稲田朋美政調会長 右翼の雄叫び!!

先日の参議院での安全保障関連法案の採決で、自民党の大沼瑞穂議員が民主党の津田弥太郎議員に倒され怪我をしたのをめぐり、自民党の稲田朋美政調会長と民主党の蓮舫議員がテレビでやりあった。




まあ、こんなのは茶番劇なのでどうでもいいことなんだが、この自民党の稲田朋美政調会長さん、どうやらバリバリの右翼らしい。
ん〜、右翼は語弊があるか、強硬タカ派の方らしい。
自民党内では「政界の泉ピン子」というニックネームまで付けてくれている。

この方が右翼だと言われる理由は何もタカ派だからだけではない。
とにかく、こと中韓関係や靖国問題になると極右的になるのだ。

一方、蓮舫議員といえば、本名こそ村田蓮舫(旧姓斉藤)だが、父親が謝哲信という台湾人で、母親が日本人だ。
民主党内には、在日の議員で埋め尽くされていて、例えば、元首相の鳩山由紀夫なんかは実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子である。
他にも、これまた元首相の菅直人も実母が済州島出身である。
まだまだいるが、民主党内の1/3は在日で固められていると言われている。

ところが、実は自民党内にも在日議員は多いのが実情だ。
在日か、日本人なのかを判断するのは、靖国神社に参拝するかしないかで分かってしまう。
かの、石原慎太郎元衆議議員は、都知事の時に靖国神社を参拝しないのは日本人ではないからと言っている。
1aba9b780f642753e55f2a690d119130.jpg



タグ:参議院
posted by ひろくん at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。