私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 
2017年08月29日

北朝鮮がミサイル発射!北海道上空を飛んで太平洋へ

今日、2017年6月29日のトップニュースというと間違いなく『北朝鮮のミサイル発射』でしょう。
しかも今回は、北海道の上空を飛んでいるからテレビやネットで大々的に取り上げられています。
ミサイルの飛行距離約2700km、最高高度550kmとのことですが、Yahooニュースを見ていると『何故、迎撃しないんだ』と騒ぎ立てている人も少なくないようです。

maxresdefault.jpg

しかし、冷静になって考えて下さい。
飛行距離2700km、最高高度550km、これって日本にとって脅威になると思いますか?
安倍首相は、今朝の記者団の取材で、
発射直後から北朝鮮ミサイルの動きは完全に把握していた。国民の生命と安全を守る万全な態勢を取っている
と、おっしゃっています。

これは、単純にミサイルの放物線を考えてみても分かるように、北海道上空なら最高高度に近い高度で飛び越えていっているからです。
つまり、発射された段階で日本への脅威は全くないが、万が一にも不慮の事故でミサイルが軌道を外れ落ちたときのことを考えて『Jアラート』を鳴らしたのです。

迎撃、迎撃と今にも日本にミサイルが飛んでくるかのように言っている人がいますが、本当に日本に落ちてくる判断なら迎撃しています。
自衛隊の北朝鮮監視能力はかなり長けていて、決して表には出ませんが日本独自の軍事衛星でその行動は把握されています。
ネットでカキコする人も、迎撃、迎撃と煽るのではなく、日本人なら日本政府を信頼してはどうでしょうか。

仮にも、日本には落ちないこの距離のミサイルを日本が迎撃をしてしまったら……間違いなく今度の標的は日本国土になってしまいます。
もっと大人らしく冷静な判断をして下さい。

最後に、今回のように1発しか飛んでこないのなら、イージス艦のSM−3という迎撃ミサイルでほぼ確実に迎撃できます。
ただし、1発を迎撃できてもその後、北朝鮮のかりあげクンが発狂して何発も撃ってくる可能性が高いですが……。


posted by ひろくん at 09:56 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。