私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 

カテゴリー:日記

2013年09月28日

東電社長「総理と同じ考え」港湾外への影響否定は本気で言ってるのか!?



東電社長のお考えは「港湾外への影響はなく、(安倍晋三)総理と同じ考え」だそうだ。
そりゃあ、表立ってはこうしか言わざるをえないでしょうな。
なんてたって、日本のリーダー安倍首相が世界に向けて発信したお言葉ですからな。

果たして港湾外への影響はないなんて思っている人は何人いるのだろうか?

62種類の放射性物質を取り除くアルプスの再稼働が約2ヶ月ぶりに始まったが、原発汚染水に含まれている各種は63種類と言われている。
このアルプスを用いてもどうしても取り除けないのが、トリチウム(三重水素)という核物質だ。
この物質については以前にも書いたが、専門家の間でも様々な意見があるようだが、東電は水にとけ込んでいるし放射線は低いので体には入らず、内部被ばくしたとしても影響はないと考えているようだ。

一方、原発の港湾内には、シルトフェンスと呼ばれるもので放射性物質が海へ拡散されないようにしている。

シルトフェンスの設置状況

しかし、東電は港湾内側と外側の水位の関係から、海水は行き来をしていると認めている。
だが、外側の海のモニタリングの数値には変化がないとも発表はしているのだ。

ここで、私が何を言いたいかというと、アルプスでも取り除けないトリチウムは間違いなく海水に薄められて外海に流れてしまっているということだ。

シルトフェンスの設置は物凄く役に立っていると私も思う。
だが、アルプスで取り除けないトリチウムがシルトフェンス手前に溜まっているとは考えられない。
何といってもこれは言ってしまえばポリエステルでできたただの布にすぎない。

港湾内が完全に外の海と遮断されているのなら、確かにそこの中だけで納まるだろうが、相手は海水、しかも放射性物質は拡散されてしまう。
要は、海水に薄められて少しずつ外海に流れてくれて助かっている状態だ。

今の地下水の汚染水問題を食い止めるには、陸と海の両方の対策が必要になってくる。
港湾内にはシルトフェンス以外に遮水壁を建設中だが、その外側でも二重、三重の対策を考えないとまたそこから漏れ出したなんてことになるかもしれない。

とにかく、やらねばならないことは、二重、三重の早急な汚染水漏れ対策と、それと並行した抜本的な対策が必要だ。
と同時に、今の全く分からない燃料の確認、そしてそれを取り出す方法も模索しなければならない。

それよりももっと恐ろしいことがあるのを誰も指摘しない。
それは、これから先、この作業に携われる知識を持った作業員が減少することだ。

今、現状を把握して作業をしている人は当然、放射線量の問題で数年もしないうちに出来なくなるだろう。
そうなると、まったく現状の把握できない人ばかりになる恐れが出てくるのだ。
いくら引継ぎをしても、それまでやってきた人との知識は全く違ってくる。

放射線量が絡んでいる以上、作業員は数年でころころ変わってしまうことになる。
こうなってくると、数字で考えるとしまいには作業できる人はいなくなってくるではないか。

これは、国も東電も考えているのだろうか?



※現状、東電に入っている作業員は1日3000人以上だ。
 そのうち、どれだけの人が放射線量の関係で交代していかないのか分からないが、日本中の
 作業員は限られている。
 しかも、ここ福島第一原発だけではない、彼らの仕事は全国各地にあるわけだ。
 いくら、原発を優先とはいえ、ここだけという訳にはいかない。
 ましてや、東京オリンピックも決定したし、原発が止まって火力発電所の建設も増えたりしている。
 技術的な問題もそうだがこの作業員の問題は、この先ずっと重く圧し掛かってくるに違いない。







posted by ひろくん at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月26日

公職選挙法違反容疑で強制捜査中の医療法人徳洲会理事長に裏金株式投資も発覚!



東京地検特捜部の強制捜査を受けていた徳洲会理事長、徳田虎雄氏の身辺を洗うと新たな問題が浮上してきたようだ。
記事のとおりの裏金による株式投資なのだが、この金額が半端でない、なんと総額6億8千万円、それを親族らの名義で株式投資というのだから、金持ちというのは何処までも金に執着するようだ。

御年75歳の徳田氏はかつては、元自由連合の代表であり当選4回の衆議院議員であった。
また、沖縄開発政務次官まで務めている。
元々の強制捜査容疑は、この徳田理事長の息子である徳田毅衆院議員の陣営に、日当を支払って徳洲会傘下の病院から職員を派遣し、選挙運動の手伝いをさせたのが発端であった。

その中で浮かび上がってきた今回の裏金株式投資は、産経新聞の取材で分かったというのだが、誰が密告したのか不思議ではあるが、この問題については特捜部も事実を把握しているとのことだから、公職選挙法違反容疑よりも大きな問題になってきそうである。

ちなみに、公職選挙法違反容疑に対して徳田理事長は地検と徹底対戦をする構えだが、徳洲会グループの幹部の中には「強制捜査を厳粛に受け止め、ただちに執行部の刷新と徳田氏の退任を検討すべきだ」との声も上がっている。

徳洲会は全国に66もの病院をもつ大グループ、中には、「理事長がシロといえば、黒いものも白になるのが徳洲会の体質」とまで言っており、徳洲会自体の本質を抜本から変えるにいい機会なのかもしれない。
さらには、この裏金つくりの発覚で医療法人自体の認可見直しにまで波及するかもしれない。

徳田理事長はALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っており、手足が不自由で発声もままならないのに、引退することなくここまで執念を燃やすのには、ただただ驚くばかりである。
posted by ひろくん at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月25日

悲痛!京都府八幡市で暴走車による大事故が…繰り返される交通事故



またか!
そうとしか言い切れない悲惨な交通事故がまたしても発生してしまった。

記憶に残る亀岡市での暴走事故から、まだ1年半弱、なぜ関係のない人がこうも巻き込まれてしまうのだろう。
しかも、事故にあった子供たちは交通ルールを守って歩道を歩いていただけ。
なんともやるせない気持ちでいっぱいだ。

今回のこの交通事故、今朝のYAHOOニュースを見たところ、なんと交差点を左折するときにドリフト走行をしていた節があるとか。
いったい、何を考えて公道を走っているのだろうか?

いや、普通に運転する意識があるのならば、このような悲惨な事故は起こっていない。
これは明らかに、故意による交通事故だ。(事故る危険性があるのを認識して運転)

昨今、危険運転致死傷罪の適用に不満の声が上がっているが、今回も亀岡の死傷事故同様、適用されることはないのだろうか?

ところで危険運転致死傷罪というのは、その行為によって5つのパターンに分けられるそうだ。


1.酩酊運転致死傷罪
  アルコール、薬物などの影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為
2.制御困難運転致死傷罪
  進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為
3.未熟運転致死傷罪
  進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為
4.妨害運転致死傷罪
  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は
  車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為
5.信号無視運転致死傷罪
  赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し(信号無視)、かつ、重大な交通の危険を
  生じさせる速度で自動車を運転する行為



今回事故を起こした18歳の少年は、今のところ自動車運転過失傷害容疑で逮捕されているが、今後、制御困難な速度で運転していたとみて、危険運転致傷容疑の適用も視野に入れているそうだ。

彼が重罰になったところで、現在意識不明の子供がすぐに元気な姿に戻るものではないが、少年だからといって自動車運転過失傷害容疑で終わらせたのでは、被害者の家族にとって無念ではないだろうか。

なぜならば、制限速度を守り、交差点手前で一時停止をし、無理な速度と制御できない運転をしていなければ、このような事故にはならなかったはずだ!

行動はレース場ではない、きちんと交通ルールを守ってこそ安全が保たれる場所だ。
それでも、人間の不注意によって事故が起きるくらいなのだから、このような無謀運転は決して許されるものではない。

意識不明の子供の意識が戻り、一時も早く元気になるのを祈るしかないのが、なんともはがゆくてしかたない。

posted by ひろくん at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。