私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 

カテゴリー:政治

2015年09月21日

大沼議員セクハラ事件!蓮舫VS稲田朋美政調会長 右翼の雄叫び!!

先日の参議院での安全保障関連法案の採決で、自民党の大沼瑞穂議員が民主党の津田弥太郎議員に倒され怪我をしたのをめぐり、自民党の稲田朋美政調会長と民主党の蓮舫議員がテレビでやりあった。



続きを読む


タグ:参議院
posted by ひろくん at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月26日

オバマ大統領専用車はザ・ビーストと呼ばれているらしい。

オバマ大統領「人生で一番おいしいすし」 - 日刊スポーツ

西日本新聞

オバマ大統領「人生で一番おいしいすし」
日刊スポーツ
オバマ大統領は午後7時前、大統領専用機エアフォースワンで羽田空港に到着。都内のホテルに立ち寄った後、米国から持ち込んだ、特殊な防弾ガラスを装着した大統領専用車「キャデラック・ワン(通称ビースト)」で「すきやばし次郎」に向かった。海外でも知名度が高いすし ...
オバマ大統領「人生で一番おいしいすし」3度目の来日、安倍首相と夕食スポーツ報知

all 81 news articles ≫


少し古いニュースとなってしまい申し訳ないですが、これ、もう全国的に流された画像ですよね。
そう、オバマ大統領が来日した23日のその日の夜に、安部首相と銀座のすし屋「 すきやばし次郎」でお寿司を食べている時の様子です。

なにやら、このときのお寿司は人生で一番の寿司だと言いながら、半分残したのだとか。
まあ、日本人ではないので、美味しかったけどそんなに沢山はいらねえといったところでしょうか。

この、お寿司を半分残したことはネットでも話題になったみたいですね。
ところで、オバマ大統領が移動するときに使っている車、キャデラック・ ワンのリムジンだそうですが、これがまた凄い装備なのだとか。

窓のある装甲車とも言われていて、ロケット弾にも耐えられるとも言われています。
それで、ザ・ビースト(野獣)という愛称が付いているようです。

さっきの銀座でのお寿司屋さんの行き帰りも当然ですが、お車はこのオバマ大統領専用車。
動画を探してみたら、お寿司屋さんからオバマ大統領が出てきて手を振るシーンも映っているのがありました。

よく見ると、オバマ大統領専用車は同じの2台あるんですね。
一説では1台はオトリ用だと言われていますが、それにしてもこの車の行列凄いです。

いったい、何台アメリカから運んできたのやら。
そこまで用意しないとアメリカ大統領は危険がいっぱいと言うことですね。

それでは、そのお寿司屋さんから出てきたところのオバマ大統領の動画をご覧ください。

オバマ米大統領専用車ザ・ビーストと要人警護車両。President Obama and guard vehicle.


【オバマ大統領着用モデル】 ヨーググレイ JORG GRAY 腕時計 オバマ大統領記念エディションモデル クロノグラフ 腕時計 メンズ クロノ ウォッチ MEN'S うでどけい JG6500
価格: 31,800円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ヨーググレイ JORG GRAY メンズ 腕時計 第44代アメリカ合衆国大統領 バラク・オバマ 記念エディションモデル 第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏も愛用する腕時計。 大統領就任日とシリアルナンバーが刻印されている数量限定の腕時計が登場!【仕様】 クオーツ 10気圧防水 クロノグラフ 日付表示 24時間表示 【サイズ】 サイズ:41mm×41mm×10mm(縦×横×厚み) 腕周り:最大約19.5cm 重量:70g 【素材】 ケース:ステンレス ベルト:イタリア製バッファローレザー 【付属品】 専用BOX、取扱説明書兼保証書ヨーググレイ JORG GRAY クロノグラフ メンズ
Supported by 楽天ウェブサービス

posted by ひろくん at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月04日

憲法96条改正は本当に必要なのか?何がやりたい安倍首相!?

今日2月4日の午前中の衆院予算委員会での答弁だ。
問いただしたのは日本維新の会の小沢鋭仁氏。

安倍首相年頭発言 - しんぶん赤旗

安倍首相年頭発言
しんぶん赤旗
安倍首相は昨年、国会が改憲案を発議する要件を緩和する96条の改定先行を持ち出し、世論のきびしい批判をあびました。同時に、歴代政府が憲法上認められないとしてきた集団的自衛権の行使に向け、憲法解釈を変更するための検討を進めています。首相が「議論を深める」 ...

and more ≫


安倍首相がどうしてもやり遂げたい憲法9条の改正。
そのためにまず、現法の国会議員の2/3以上の賛成が必要だと定義されている憲法96条の改正だ。

憲法96条については以下、ウィキペディアからの引用を参考にしてもらいたい。

第九十六条[1] この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。


憲法を改正するために憲法を改正…っておかしくないか?

これではまるで、おもちゃを買ってくれない駄々っ子が先に買い物かごに入れるようなものだ。

本当に憲法9条を改正をしたいのならば堂々と正攻法でやればいい。
ネット上では賛否両論あげられているが、普通に左右など関係なしに一般論としてこれが本来の姿ではないのか?

やりたいことがやれないなら、いっそのことその基を変えてしまえでは民主主義と言えるだろうか?

憲法では国民の真意を問うことにはなっているが、果たして昔以上に政治に興味がない輩しかいない今のこの日本で真意を問うても、それは本当の民意なのだろうか?

管理人としては憲法9条の改正は今の時代には相応しくないため必要だとは思う。
だからと言って、その憲法をつくるための根源である憲法96条を先に改正するのはどうも納得がいかないのである。

もし、仮にも憲法を変えることができる第96条を低くすれば、それこそ与党圧倒的多数の状態になれば、どんなことでもできてしまう恐ろしい憲法になってしまう。

数が民主主義だとよく言われるが、その数の力を抑制するためにも現行の憲法96条は必要なのではないだろうか。

一つ間違えれば、戦時中のような独裁的時代に戻りかねない。

もちろん、国民の承認を問うのだからそんな心配はないだろうという人もいるのは分かっている。
しかし、予想などしていない想定外なことなど、実際に原発でも起こったではないか。
この問題は、何も憲法9条改正の問題ではなく、憲法96条自体に係るもの凄く重要な問題だ。

今はいい、過半数くらいしかいない自民党なら野党が一丸となれば否決できるかもしれない。
しかし、本当に自民党一色、いやどの党でもいいが1党がもの凄く多くなれば、国会で問うことなく1党独裁で憲法を改正できてしまうということだ。

管理人が危惧しているのはただこの1点のみ。

1党独裁政治など絶対にあってはならない。

追記>>憲法9条改正には賛成だ!




posted by ひろくん at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。