私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 

カテゴリー:国際

2013年08月28日

アメリカがシリアを29日にミサイル攻撃?勇み足にならなければいいのだが…



シリアは以前より、決して使ってはいけない化学兵器を使用したではとの疑惑が出ていたが、決定的な証拠が見つからずじまいであった。
それが一転、化学兵器による症状の犠牲者が病院に多数運び込まれ、化学兵器使用が決定的なものとなった。
しかし、問題はそれを使ったのがアサド政権側か反政府側かであったのだ。

シリアは国連調査団を受け入れ、国連による本格的な調査が始まった最中、米国はアサド政権側が化学兵器を使った確実な証拠があるとして、英国、仏国と連係を密に人道的立場からシリア政府に対するミサイル攻撃などを決定してしまった。
これは、国連安保理決議を待たずの判断で、シリアの友好国であるロシアや中国の猛反発は必至である。

ここで問題となるのは、やはり米国の言う決定的な証拠であろう。
今のところはその確たる証拠についての発表はされていないのだから、化学兵器をどちらが使ったなど国際社会はわからない。
あるいは、同盟国間ではその情報のやり取りはあるのだろうが、少なからず公には明らかになっていない。

そうであるならば、国連安保理で拒否権を発動できるロシアの「国連安保理決議のない軍事介入は、重大な国際法違反」というのも正論かと思われる。
が、しかし、英国のヘイグ外相は、「化学兵器の使用に対しては、安保理決議がなくても、軍事介入は可能」との見解を示しており、NATOと同盟国の容認を得ている米国は確実にミサイル攻撃をするだろう。

このような国際情勢というのは、何時になく犠牲者がつきもので、それは戦場と化した場所で戦っている兵士ではなく、何の罪もなく何処までも逃げ惑わなくてはならない一般市民である。
米国のミサイルでシリア情勢が変わるとも思えないのだが、そんなことよりも心配なのは、ミサイル攻撃をすれば、またもや一般人にも被害が被る恐れがあることだ。

戦争、戦闘というのは、当事者だけでまったく人のいない何処か無人島でやればいいと思ってしまう。
どうだろう、そのようなウォーパラダイスを国連が提供して、その中で勝手に戦ってもらったら。
そうすれば、全く関係のない人たちに犠牲者が出ることがない。



posted by ひろくん at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月09日

北朝鮮10日にもミサイルを日本側に向けて発射か?




今日のニュースは、といってももう23時なのだが、北朝鮮がミサイルを10日にも日本を超えて太平洋に発射するかもしれないという記事である。
北朝鮮が平壌駐在の一部外交官に対して通告した内容らしいのだが、これより前に北朝鮮は在朝大使館に国外に退避するよう勧告している。
また、9日付けの報道で韓国にいる外国人に対しても退避するよう対策をてたよと通告している。

この記事のミサイル発射の通告は8日なので、中距離弾道ミサイル「ムスダン」が発射されるとすると何が目的なのだろうか。
報道では、金主席の生誕日や金正恩の第1書記就任1周年などが挙げられているが、それならば頻繁に通告している退避は何の意味を持つのであろう。
いささか北朝鮮の意図が読めないが、このミサイル発射が過去のように何らかの記念日に合わせた発射だとすれば、これだけ挑発的に戦争勃発かのように喚いていながら不自然極まりない。

多分、アメリカ、韓国、そして日本政府もどの方向に向けられているかは既に知っているはずである。
イージス艦のSM3はミサイル発射後、軌道予測を計算されて発射されるはずだが、仮に太平洋の何もない所に落ちる軌道ならどうするのだろうか?
これが日本を狙っている軌道だとすれば…、いや、そうでないとあれほど北が挑発的なのに記念日のデモンストレーションで終わりなら、今までのやっていることは何も意味を持たない。
そして、政府が明らかにした防衛省へのPAC3配備。
これは、ブラフだと分かるが、何の意図があって発表したのか…。

今回は北はもちろん、韓国、米国、そして日本がやっていることがまったく分からない。
いったい、10日に何が起きるのか?
あっ、10日なんてもう数十分じゃないか。

このミサイル発射予告がブラフなのか?
謎は深まるばかりだ。

もしかすると、違う場所で動きがあるのかもしれない。
地下にもミサイルはあると言われているし。


余談だが、この前の「北朝鮮のミサイル破壊措置命令、なぜ非公表?」のブログがyahooに載ってから物凄いアクセスが来ている。
これからも来てほしいがそれは無理だろうな、やっぱり。




posted by ひろくん at 23:22 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月04日

北朝鮮の暴走はブラフか?今すぐ不測の事態に備えるべきだ!!




北朝鮮が国際社会を賑わかして久しいが、昨今の情勢を見ていると(ニュースだが)明らかに不測の事態を想定する必要があると考える。
この不測の事態は、韓国に向けたミサイルなのか、米国に向けたミサイルか、はたまた日本に向けられたミサイルなのかは分からないが迎撃できる体制を今すぐに整えるべきだ。

というのも、既に発表されている通り米国はイージス艦を朝鮮半島沖に展開させた。
しかも、2隻目のイージス艦も配備、ミサイルを追尾できる海上配備型の高性能Xバンドレーダーも近海に配備している。
さらに、今朝のニュースでは数週間以内にグアムに戦域高高度広域防衛(THAAD)ミサイル防衛システムを配備すると米国防総省が言っている。
北朝鮮では新型の長距離弾道ミサイル「KN08」とみられる機体を日本海側に移動させていることを日米韓政府が明らかにもしており、これらの事を踏まえると既に戦闘態勢になっていると見ていいだろう。

特に米国がここにきて急いで対応をしているところを見ると、偵察衛星や無人偵察機、情報機関など様々な情報から危険を察知していることは間違いない。
表立っては何時もの脅しの手口とは言っているが、イージス艦を派遣するということは内陸戦を想定しているのではなく明らかに対ミサイル体制だ。
しかも、あの海域に配備したということは韓国ではなく米国本土に脅威を抱いていると推測できる。
当然、何かあれば即ミサイルによる反撃にもなるだろうし、事と次第では先制攻撃もあり得るかもしれない。

日本は平和国家だから、いくら北朝鮮が日本も標的だといっても撃っては来ないだろうという、それこそ想定外の過ちをされたのでは国民はたまらない。
北朝鮮から見れば明らかに日本も敵国に相違ないのだ。
いつ何時、北からミサイルが飛んでこないとは限らない。
日本国政府は、不測の事態も想定して対応をして欲しい。
二度目、いや三度目の核被災国には決してしてはならない。

そう考えると、専守防衛の見直しはやはり必要なのではなかろうか?
何時までも平和国家とは言っていられない時代に突入しているのだ。





タグ:北朝鮮
posted by ひろくん at 09:40 | Comment(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。