私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 

カテゴリー:エンタメ

2013年02月18日

日テレ「不適切な発言」で謝罪、バンキシャ放送中ロシアの隕石落下で…

今日取り上げたニュースは、ロシアの隕石の続きじゃなくて昨日2月17日の日本テレビが報道した「バンキシャ」での発言問題。
私もたまたまこの時間「バンキシャ」を見ていたのだが、今日の新聞やネットでのニューストピックスに上位で取り上げられていた。
問題発言となっているのは、同番組に出演していた中国出身のコメンテーターがロシアに落ちた隕石についてしゃべっているときに言ったのだが、この中で「(隕石が)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った…」という部分である。
もし、見逃した方がおられたらこちらをご覧いただきたい。




番組を見ていて私もこれはコメンテーターの発言にしてはと違和感を感じた。
メーンキャスターの福沢朗さんがさらっと流したが、あとでアナウンサーの鈴江奈々さんが「不適切な発言」として謝罪した。
この発言は日本人にとっては非常に不愉快なものであろう。
もともと尖閣諸島自体は歴史上からも日本領土であると認識している我々からしてみれば当然のことである。

私は彼が中国出身だからでなく、おそらく尖閣諸島がなかったら日中間のいざこざもなくなり日中友好が進展するだろうとの思いで言ったのだろうと想像する。
彼からすると他意はないのではと思うのだが、やはりコメンテーターなので発言の内容自体には注意が必要だ。
問題発言に尖閣諸島が含まれていたのでここまでニュースとして取り上げられたし、日本テレビも「不適切な発言」として謝罪をしたのだろう。

発言というのは非常に影響力のあるもので、日本の政治家にもそれで失脚した人もおられる。
日本だけではない、たった一言で失脚した方は世界中で大勢いるのだ。
それほどに言葉というのは物凄く大きな力を持っている。

今回の問題は決して他人ごとではない、いつ何時自分の言葉一つで周りから見られる目が変わってもおかしくはない。




言葉というのは非常にやっかいだ。
今回のように自分には本意がなかったとしても、周囲の人が不愉快になるかもしれない。
私たちも一つ一つの言葉を大切にしなければいけない。

いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた (成美文庫)
いい言葉は、いい人生をつくる―いつも私は「言葉の力」を味方にしてきた (成美文庫)
ことばと思考 (岩波新書)
ことばと思考 (岩波新書)
言論とメディア (日本近代思想大系)
言論とメディア (日本近代思想大系)


posted by ひろくん at 12:50 | Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。