私が取り上げたい今日のトピックニュース

なにげなく見ている新聞やテレビ、パソコンなどでのニュースで私がちょっと気になった記事を書いています。
 

カテゴリー:スポーツ

2013年04月02日

国民栄誉賞に長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の師弟が受賞。




このほど、ミスタージャイアンツこと元巨人軍監督の現ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄氏と元巨人軍選手で日米で活躍し「ゴジラ」の愛称で親しまれてきた松井秀喜氏の国民栄誉賞の受賞が決定した。
長嶋茂雄氏はもはや日本国民で知らない方はいないであろうと思われるくらい、現役時代を含め、巨人軍監督としても活躍をされてきた。
巨人軍の現役選手時代には、すでに国民栄誉賞を受賞している王貞治氏とともに、ON砲と言われ当時のプロ野球ファンはおろか日本中の国民を魅了してきた。
現役引退後は、巨人軍の監督に就任しあの伝説の巨人軍V9という偉業を成し遂げる。

一方の松井秀喜氏であるが、高校生の野球選手なら一度は夢見る甲子園の舞台、高校3年生の時に春のセンバツ初戦の宮古高校戦で2打席連続本塁打、1試合7打点、2試合連続本塁打と当時の大会記録をマーク、当時は清原以来の怪物と言われていた。
そのせいか愛称が「ゴジラ」と名付けられ、高校卒業後は先の長嶋茂雄氏が監督を務めていた巨人軍に入団すると数々の本塁打を含む長距離打に巨人軍ファンは魅了された。
その後は、アメリカメジャーリーグのヤンキースに入りここでも「ゴジラ」の愛称でニューヨークファンに愛された。

今回のこの二人の国民栄誉賞だが一部では疑問の声がある。
その一つは、なぜこの時期にということで、ある方の話では先の参議院選を見据えての自民党の人気取りではないかとも言っている。
また、これでは国民栄誉賞自体が薄くとらわれているのではとの声もある。
そしてもう一つは松井秀喜氏の受賞である。
長嶋茂雄氏の受賞は、すでに国民的ヒーローでもあり、先に王貞治氏が受賞しているのだから遅いくらいではとの声があるくらいだ。
しかし、松井秀喜氏に関しては、長嶋茂雄氏と匹敵するほどの偉業があったのか、またなぜ二人が同時に選ばれたのかが疑問視されている。

私も松井秀喜氏に関しては同感で、いくらホームランを連発し巨人ファンを沸かせてきたとしても、長嶋茂雄氏のように日本国民全体が魅了されてきたわけではない。
むしろ、野球ファンの中でも巨人ファン以外なら、彼の成績などどうでもいいと思っている人も少なくはない。
確かに日米で活躍はしてきたが、国民栄誉賞に値するかどうかは疑問視するほかない。
この国民栄誉賞の選考基準もまったく知らされていないわけで、先に受賞した故大鵬のように生前になぜ受賞されなかったのかという声も官邸には届いていたようだ。
そう考えると、今回の国民栄誉賞は自民党の人気取り、はたまた安倍首相の人気取りなのかもしれない。

多くの疑問点を抱えたままの国民栄誉賞だが、受賞した方々には名誉なことである。
ここは、素直にあめでとうといっておきたい。



posted by ひろくん at 10:26 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月30日

日本ハム大谷、2安打1打点で快調な滑り出し。




今日は何時もは取り上げないスポーツニュースを。
一時期何かと世間を騒がせた日本ハムの大谷が、西武との開幕戦で8番右翼で出場。
話題のルーキーは2安打1打点のプロ初安打、初打点でファンを喜ばせた。
あの日本ハムOBの「喝!」で有名な張本勲氏もこれには「大あっぱれ!!」と大絶賛。
張本氏でさえ開幕戦は3球三振だったといからやはり大谷は凄かった。

ただ、張本氏いわく二刀流には反対で中途半端に終わらないか、体が壊れないかを心配してる。
氏は大谷の欠点もすでに見抜いていて、右足を踏み出す時のステップ幅がやや広いことと、膝に余裕がなくなり、変化球などに対応しづらいと言っている。
しかし、いずれにせよ大谷にはやはり投手として出てきてほしい感がある。
あれだけの速球を高校生で投げていたのだから、張本氏ではないが日本ハムには投手として育ててほしいものだ。
専門家の張本氏が心配をしているくらいだから、今後二刀流で体が壊れないかを祈るばかりである。

二刀流と言えば1967年当時の近鉄にドラフト2位で投手として入団した永淵氏がいる。
この68年に監督として就任した名将・三原脩氏はこの投手の永淵氏を打者として起用、その年の東映(現日本ハム)戦では代打でプロ初本塁打を放ち、そのままリリーフでマウンドに登板し東映をおさえてサヨナラ勝ちをした。
1969年には野手一本となり張本勲(東映)と同率で首位打者を獲得している。
漫画「あぶさん」の主人公のモデルにもなった方である。

少し残念だが、二刀流使いの投手は最後には野手になってしまうのかもしれない。
やはり大谷には投手一本で活躍しているところを見てみたい。
将来の日本を代表する投手になるのは間違いないと思う次第である。




posted by ひろくん at 11:32 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月11日

WBCオランダ戦結果16対4で侍ジャパン圧勝…3連覇に期待




今日は明るいWBCの侍ジャパン勝利のニュース。
昨日は夜遅くまで見ていた方が多かったのではなかろうか。
私は野球そのものに興味がないため見てはいなかったのだが、やはり日本人として勝ってくれると嬉しいものだ。
実はWBC開幕前のゴタゴタからずっと、今年は大敗するんじゃないかなと思っていた。
なんとなくだが昨年までのような侍ジャパンとしての一体感みたいなものが感じ取れなかった。
どういったらいいだろうか、一つのチームとしてまとまったような感じがしなかったのだ。
しかし、蓋を開けてみると今までのところ1敗のみで昨日の勝利により準決勝進出が決まった。
もう、ここまでくるとやはり3連覇を達成してほしいものである。

ところでこのWBCというのは何時から始まったのだろうか?
少し調べてみると、2006年の3月からアメリカで野球の世界大会を開催することとなった。
これを決めたのはアメリカのMLB(メジャーリーグベースボール)機構だが、当初日本は参加に反発しておりWLB機構による半ば脅しのような参加要請によってしかたなく参加を決定した。
この時も昨年の不参加を決めた状況と同じように、一方的なMLB機構による開催通告やMLB中心の利益配分に反発を抱いていた。
先に半ば脅しのようなと書いたが、実際にMLB機構はNPB(日本野球機構)に対し、日本の不参加でWBCが失敗に終わった場合の経済的補償要求や「日本の国際的な孤立を招くだろう」と警告をしてきている。
まるでマフィアかヤクザのような汚いやり口ではないだろうか。

それはさておき、今回で3連覇が掛かっている侍ジャパンだが期待のマー君はどうも調子が良くないみたいだ。
WBCの間はどうでもいいのだが、心配なのは終わった後の本業である楽天での活躍の方だ。
このWBCをひきづってこのまま不調とならないと良いのだが…。
他選手も同様で、日本にとってなんのメリットもないこのWBCなんかよりも、自分の球団で力を発揮してほしいものだ。
だが話を蒸し返して申し訳ないが、やはりWBLの鼻をへし折るために3連覇達成を願いたい。

posted by ひろくん at 10:02 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。